お金が無くなっていくと衣食が寂しくなってゆく

私は、ある夢を持っていました。
その夢の為には、東京に出ることが最低限の条件でした。

 
まずはアルバイトに励み、東京に出てしばらく生活できるだけのお金を貯め、そして東京に出て生活を始めました。

 
意外と夢はすぐに叶い、やりたかった仕事を始めることになります。
順調でした。

 
順調すぎたので、特にお金に困ることもなく、仕事の無い時は遊びまわっていました。

 
ただ少し不安だったのは、ある時から収入の上昇がストップし、ゆっくりと下り坂に入っていたのです。

 
最初はまた上向くこともあると気楽に考えていたのですが、そろそろ結婚や将来のことを真剣に考え始めた時、ちょっとまずい気はしていました。
徐々に収入が減り、今まで通り遊んでばかりもいられなくなりました。

 

 
遊びに行くどころか、仕事の関係者との飲み会までも、欠席することが増えていきました。

 
するとますます、仕事の方が上手くいかなくなり、収入は減っていきました。
将来がとても不安になってきました。

 
これではいけないと、貯めておいたお金を使って、仕事が上手くいくように自己投資を始めました。

 
しかしそこで起こったのが、東日本大震災でした。
景気自体が悪くなり、投資が無駄に終わりました。
生活費が足りないので、まずは衣服を買うお金を削りました。
毎年同じ服でも、着替えのレパートリーが減っても、それは仕方がありません。
でもそれでは全然足りませんでした。
今度は、食事を外食からコンビニ弁当に切り替えました。

 
それでも収入が更に減る中、次なる対応が必要でした。
最近はレトルトなど便利な物が多いので、簡単に作れるもので自炊を始めました。
1日の食費が1000円を切っていました。

 
その後結局お米も高いからと、毎日焼きそばを食べて、1日の食費は500円を切りました。

 
そこまでやっても、気が付けば貯金も尽きかけ、東京での生活が維持できなくなっていました。
私は親に泣きつきました。

 
東京での生活は私の夢であり、全てでした。

 
順調だったはずなのに、気が付いたらお金が無くなっていたのです。
親に頼るしかありませんでした。

 
お金を稼ぐことがこれほど難しいことだったと、今になって感じます。
そしてお金がないと辛いですよ。

 
気が付けば、毎日考えることがそれ一色で不安だらけになっていましたから。
そして全てが上手くいかなくなりました。

お金がない生活はたくさんの学びをくれた

私は現在社会人ですが、数年前までお金がほとんど無く、とても苦労していました。
そのきっかけは株式投資による失敗です。
 

こう聞くと贅沢な悩みだと思われるかもしれませんが、当事者にとってはとても辛い時期でした。
 
社会人になってお金を貯め始め、やっとある程度貯まってきたとき、ネットなどの情報から、株式投資は儲かるということを知りました。
色んな記事を見て、これなら簡単に儲かるだろうと軽い気持ちで始めました。
 

 
数100万円をかけて色んな銘柄を購入しました。
 
最初暫くは株価が値上がりし、利益が出ました。

 

それでまた調子に乗ってしまい、欲が出たことがいけなかったのですが、どんどんお金を追加して銘柄を購入してしまい、結果その後の株価暴落によって、元金の半分近くまで減ってしまいました。

 
お金がない
 

それに耐えられず損切りをしたのですが、元々自分の貯蓄のほとんどを株式投資に使っていましたので、貯金がほとんど底を付くことになりました。
 

私はたいへん落ち込んでいましたが、お金は自然に増えることはありませんので、貯まるまでは何とか乗り切るしかありません。
そこで行ったのが、節約です。
まず食費を抑えることにしました。
 
 
それまでは1日千円位、1ヶ月3万円位でしたが、それを半分にすることにしました。

 
具体的には1日5百円で何とかするといことを最初に決めるのです。
そのために毎月1日に1万5千円だけ下ろして、それで1ヶ月を過ごすことを実践しました。

 
当然、1日5百円ではとても辛く、仕事をしていてもお腹が鳴ることがよくありましたが、自分なりに安くても満足できるものを探し、何とか乗り切ることができました。
 
加えて交通費を節約するためになるべく歩くなど、苦労した結果何とか今では少しづつですがお金が貯まってきました。

 
今後はもうあんな思いをすることのないように、お金を大事にしていくつもりです。

 

お金がない時に役立った事は【自分を見つめなおす】という孤独な時間を取る事が出来た事です。
 

大人の階段を上がっていく中で最近すごく重要だと感じる事は自分との会話する時間です。
 

これが出来上がってからはお金がない時間をかなり減らすことができました。
 
お金がないと精神的な不安や趣味にまで悪影響が来ます。
 
お金が無くなった後にどういう行動を取るかが、同じような失敗をするかどうかの見分け方法ではないでしょうか?
 
投資で成功をする事はすごく素敵な事だけど、それ以上に目の前の事に全力でぶつかれるかどうか。
 
お金がない生活はたくさんのことを勉強させてくれました。

お金がない生活でひたすら食費を削ってました。

もう20年以上前になりますが、社会人になりたての頃の話です。

 
会社の借り上げのアパートで一人暮らしをしていましたが、残業もなく、給料が安いうえに、借り上げとはいえ、3万円の家賃を払っており、手取りは13万円くらいでした。

 
今と違って携帯は、まだ出始めだったので、私自身は持っていませんでした。

 
車で出かけたり、バイクに乗ったりするのが趣味だったので、週末はほぼ毎週のように車かバイクで遠くまで出かけていて、ガソリン代は約3万円くらい払っていたと思います。

 
一人で出かけることも多かったですが、友達と出かけると当然のようにいろいろと出費があります。
趣味の部分であまりケチりたくなかったので、若さもあり、平日の夕食はひたすらケチっていました。

 
コメは実家からもらってきてタダだったので、ごはんと納豆だけ。あるいは卵一個だけ。インスタントラーメン一食だけ。給料日前には、マヨネーズごはんや、ケチャップごはん、しょうゆごはんなど、おかずなしの日もありました。
今では当たり前のように飲んでいるビールも、友達と飲みに行ったときだけで、自宅で晩酌など思いもしませんでした。

 
幸いにして、会社のおばちゃんたちがいい人ばかりで、夕食を作って持ってきてくれたり、ということもよくあったので、そういう時はとてもありがたく、人の親切が身に沁みました。
また、昼食は会社の給料から天引きで弁当だったので、そこである程度栄養補給もできていたと思います。

 
一人暮らしなので、自炊と言っても大したことができるわけでもなく、週末遊ぶためにやっていたことなので、当時はそれほど苦労していると思っていたわけではないですが、今にして思うと、大した病気もせず、それほどやせ細ることもなく、よくやっていたなと思います。

 
今も、決して裕福な暮らしができているわけではないですが、とてもできる気がしません。

貧乏なのに次々と出費がかさむここ数年!新生活はお金がかかる

年齢の割に、かなり貧乏な男性です。訳があって自宅でクラウドソーシングのおしごとをしています。現時点では月収10万円以下と、収入はかなり少ないです。

 
買い物はたまにする程度で、節制しているつもりで、基本的には1ヶ月あたりで生活費は毎月3~4万円以下にとどめています。実家住まいなので一応助かっているというところです。

 
そんな貧乏生活のだめ男なのですが、近年は急に降ってわいたようにして、お金をどかーんと使わなければいけない事態に度々出会うようになっています。

 
家族が死んでしまった後のことでしたが、お墓を立てるということでかなりの金額を負担しました。この時はまだ銀行預金も余裕があって大丈夫でした。しかしなぜか高額な無駄遣いなどをしたこともあり、少しづつ銀行預は減っていきました。

 
その1年後、訳あって引っ越しをするということを決めました。最初はとくに問題ないだろうと考えていたのですが、引っ越し候補となる各地を下見にいく交通費は、かなりばかにならない金額でした。交通費だけで、まさか10万円以上もかかると思いませんでした。

 
さらに新規の住宅費用、リフォームなどで、合計で数百万円を使うことになりました。これで私の持ち金は、がくっと減ったのです。しかしどうしても必要なことだったので仕方なしです。

 
ここまで書いたことは2年間のうちに起こり、その間の収入もそんなに増加することもありませんでした。

 
したがって今後は、野菜くらいは自家栽培したいなと考えているこの頃です。とにかく節約をするということを考えていますが、まだ新生活に必要なものを揃えるために数十万円は使っていく必要があります。

 

だから一旦財布が落ち着くまで、もうすこしかかりそうな予感がしています。